日本は外国人にどう見られていたか 来日外国人による「ニッポン仰天観察記」

日本は外国人にどう見られていたか 来日外国人による「ニッポン仰天観察記」 - 「ニッポン再発見」倶楽部 | Soccerbanter.org PDF、TXT、FB2。 ePUB。MOBI。 この本は2021年に書かれました。冊の本を探してください soccerbanter.org.

情報

著者
「ニッポン再発見」倶楽部
寸法
11,90 MB
ファイル名
日本は外国人にどう見られていたか 来日外国人による「ニッポン仰天観察記」.pdf
ISBN
8294097715704

説明

2013年、日本を訪れた外国人がはじめて1000万人を突破し、今後、ますます増えていくと予想されています。日本はいま、観光による「第二の開国期」といえるでしょう。その昔、日本が世界デビューを果たした、真の開国期である幕末・明治期にも、外交で、貿易で、教育で、探検で(!)、欧米人たちが、日本へどっとやって来ました。彼らは、まったく未知の極東の小さな島国にやって来て、何を見、何に仰天し、何に感心し、そして何を考えたのでしょうか。日本の自然、食べ物、街や村のようす、政治、人々の生活と国民性……。本書は、外国人が残した多くの見聞録のなかから、私たちが知らないオールド・ジャパンの意外なこと、やっぱりなこと、耳が痛いことの数々を豊富に引用、記載しました。さぁ、わたしたちも当時の西洋人の目になって、未知なる日本を観察してみましょう!
関連書籍