晩年のカント

晩年のカント - 中島義道 | Soccerbanter.org によって書かれた本<をご紹介します。PDF、TXT、FB2、またはその他の可能な形式で本をダウンロードしてください。soccerbanter.org.

情報

著者
中島義道
寸法
5,18 MB
ファイル名
晩年のカント.pdf
ISBN
5388162083937

説明

絶頂にあったカントを襲った筆禍事件。若き哲学者フィヒテとの確執。尽きぬ好奇心の一方で忍び寄る老い…。人間カントの人生の黄昏。

中島 義道【著】. 価格 ¥990 (本体¥900).

いっさいの装飾を欠いた空間で、家族とのつきあいも絶ち、老哲学者カントは何を考えてい ... 哲学者は精神の黄昏といかに向かい合ったか。還暦を過ぎ、ようやく購入した自宅。いっさいの装飾を欠いた空間で、家族とのつきあいも絶ち、老哲学者カントは何を考えていたのか? 三批判書を書き上げ、名声を確かなものとした彼を襲った、ある筆禍事件とは? カントほどの大哲学者は、老境に達したとき、どのように生きたのであろうか? カントほどの大哲学者の晩年とはいかなるものであろうか ... カントは形而上学の完成に人生を賭けたにもかかわらず、国王からの活動規制とそれに屈することの負担および老衰により、その晩年の作品は生涯の課題を果たしたとは言えない出来で亡くなってしまう。. 私が興味深く思ったことは、著者がカントの享年 ... 2021年1月発行の知らせを聞いてすぐに注文。中島義道氏といえば、過激な発言で知られる哲学者を思う人も多いだろう。当人は過激だとは考えていない。当たり前のことを当たり前に言っているだけだ。これが出版社側からしてもいけると思ったのか、その著述は幾多の本となって、書店を ... 老いたカントが辿りついた境地とは…大哲学者の知られざる晩年 老哲学者はそれでも何を考えるのか 堅物の結晶のような哲人として今もなお ... 晩年のカントは老年性の認知症の症状が散見されつつも、自然科学の形而上学的原理から物理学への移行という課題に取り組み、草稿である『オプス・ポストゥムム』を遺し、1804年にこの世を去ったのでした。イマヌエル・カントの掲げた哲学 『晩年のカント (講談社現代新書)』(中島義道) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:絶頂にあったカントを襲った筆禍事件。若き哲学者フィヒテとの確執。尽きぬ好奇心の一方で忍び寄る老い…。人間カントの人生の黄昏。 晩年のカント - 中島 義道 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 講談社現代新書晩年のカント.

関連書籍