草同心江戸鏡

草同心江戸鏡 - 吉田雄亮 | Soccerbanter.org ブラウザで本を読んでください。 スマートフォンにPDF、TXT、FB2形式の冊の本をダウンロードしてください。 そしてはるかに soccerbanter.org.

情報

著者
吉田雄亮
寸法
7,68 MB
ファイル名
草同心江戸鏡.pdf
ISBN
6404273578023

説明

長屋の浪人、裏の顔は!? 隠密組織〈草同心〉が江戸の悪を斬る!江戸の町々を映す鏡となれ―― 町を蝕む悪を一刀両断!時は享保、江戸の町に草同心と名づけられた隠密組織が結成された。浪人として町々に住み着き、異変の種を見つけて奉行所に報告する役目だ。浅草・浅草寺に近い蛇骨長屋に住む秋月半九郎もまたその草同心の一人。同じ長屋に住む商家の奉公人・長吉が店の主人を殺し逃げたという。捕り方の動きに不審を感じた半九郎がたどりついた意外な真相とは!?
関連書籍