300年引きこもり、作り続けてしまった骨董品《魔導具》が、軒並みチート級の魔導具だった件(1)

300年引きこもり、作り続けてしまった骨董品《魔導具》が、軒並みチート級の魔導具だった件(1) - 空地大乃 | Soccerbanter.org ブラウザで本を読んでください。 スマートフォンにPDF、TXT、FB2形式の冊の本をダウンロードしてください。 そしてはるかに soccerbanter.org.

情報

著者
空地大乃
寸法
5,69 MB
ファイル名
300年引きこもり、作り続けてしまった骨董品《魔導具》が、軒並みチート級の魔導具だった件(1).pdf
ISBN
7211264762525

説明

引きこもり続けて……え? 300年!? ハイエルフのエドソンはある日、驚愕の事実を知る。魔導具の研究に没頭し、つい3徹してしまった気分でいたら……なんと300年も経っていたのだ! 300年後の世界を知るため、外界に出ることを決意したエドソン。300年も経っているのだから、自分の発明した馬のいらない馬車や瞬間移動の扉など、カビの生えた骨董品に違いない……。 そう思っていたのだが、彼の発明は300年後の世界においてもチート級の逸品ばかりで――!? 「小説家になろう」の人気作品をコミック化!!
関連書籍