鈴木敏文 孤高

鈴木敏文 孤高 - 日経ビジネス | Soccerbanter.org PDF、TXT、FB2。 ePUB。MOBI。 この本は2021年に書かれました。冊の本を探してください soccerbanter.org.

情報

著者
日経ビジネス
寸法
10,57 MB
ファイル名
鈴木敏文 孤高.pdf
ISBN
9652535657869

説明

日本を代表する巨大流通コングロマリット、セブン&アイ・ホールディングス。長く同社を率いてきたカリスマ経営者の鈴木敏文氏が、2016年5月に、経営の表舞台から退いた。 鈴木氏が退任に至るまで、異例の事態が続いていた。中核事業会社であるセブン-イレブン・ジャパンの社長人事に端を発した“お家騒動”は、「物言う株主の暗躍」「創業家の反撃」「取締役会内部の分裂」「カリスマが求めた世襲」など、さまざまな形で報じられた。 だが、日経ビジネスは改めて問いたい。鈴木敏文氏の退任とは、そんな近視眼的な言葉で済ませてもよいものなのか。日本にコンビニエンスストアという新しいインフラを生み出し、メーカーが支配していた流通業界の力関係を逆転させた立役者が、経営者・鈴木敏文氏である。 一人のサラリーマンは、どのようにカリスマ経営者となり、巨大な流通コングロマリットを率いるようになったのか。そしてどんな壁に直面し、長い年月をかけて築き上げた「帝国」を去ることになったのか。 本書では2つのアプローチで真相に迫った。 1つは、鈴木氏本人の肉声である。日経ビジネスは鈴木氏の退任以降、述べ10時間に渡って本人への単独インタビューを重ねてきた。鈴木氏自身がその半生を振り返りながら、真相を語った。 もう1つは、セブン&アイの「2人のトップ」を知ることである。鈴木氏本人と、イトーヨーカ堂創業者でありセブン&アイのオーナーでもある伊藤雅俊氏。日経ビジネスは1970年代以降、40年以上に渡って伊藤氏と鈴木氏の取材を重ねてきた。 戦後の日本を変えたカリスマ経営者の半生を、本書で総括する。

わがセブン秘録 - 鈴木 敏文 単行本 ¥1,650. 残り5点(入荷予定あり ... Amazonで日経ビジネスの鈴木敏文 孤高。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。 鈴木敏文 孤高 日経ビジネス 編 1,760円 ※ 全て税込み表示です 数量 小計 円 (税込) カートに入れる 内容紹介 日本を代表する巨大流通コングロマリット、セブン&アイ・ホールディングス。長く 同社を率いてきたカリスマ経営者の ... 鈴木敏文 孤高.

この商品は、株式会社アイジーシーコーポレーション【毎日出荷しています】が販売および発送します。. わがセブン秘録 - 鈴木 敏文 単行本 ¥1,650.

関連書籍