剣客奉行 柳生久通 獅子の目覚め

剣客奉行 柳生久通 獅子の目覚め - 藤水名子 | Soccerbanter.org ブラウザで本を読んでください。 スマートフォンにPDF、TXT、FB2形式の冊の本をダウンロードしてください。 そしてはるかに soccerbanter.org.

情報

著者
藤水名子
寸法
6,75 MB
ファイル名
剣客奉行 柳生久通 獅子の目覚め.pdf
ISBN
2469198802978

説明

大岡越前守の再来!? 微行(おしのび)で市中を行くのは、一刀流免許皆伝の町奉行!突然の北町奉行拝命に、戸惑う将軍世嗣の剣術指南。 仇討ち若侍を居候にしつつ、昼行灯と揶揄されながらも、火付け一味を一刀両断!将軍世嗣の剣術指南役であった 柳生久通は、老中松平定信から突然、北町奉行を命じられる。一刀流免許皆伝とはいえ、市中の屋台めぐりが趣味の男への、あまりに無謀な抜擢に尻込みするが、下手人の知れない、お城御門近くでの付け火に自らが立ち上がる。親の敵に間違えられたり、昼行灯と揶揄されもするが、能ある鷹は爪を隠す、久通の剣の冴えが、火付け一味を一刀両断!
関連書籍