十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界

十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界 - 辻惟雄 | Soccerbanter.org によって書かれた本<をご紹介します。PDF、TXT、FB2、またはその他の可能な形式で本をダウンロードしてください。soccerbanter.org.

情報

著者
辻惟雄
寸法
4,27 MB
ファイル名
十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界.pdf
ISBN
8575671610146

説明

蕪村や応挙、若冲、蘆雪に蕭白。ほぼ同時期、同じ地に豊かな才能が輩出した。旧来の手法から抜けだし、己の個性を恃んで、奔放に新しい表現を打ちだす。十八世紀の京都は、まさにルネサンスの地であった。「奇想」の美術史家・辻惟雄は、彼らの作品に向き合い、多数の論考を遺している。それらを抜粋し、作品の解釈から時代背景や人物像にも迫ってゆく。あの時代の京都を、彩りをもって甦らせる試みである。
関連書籍