モノノケ踊りて、絵師が狩る。 ―月下鴨川奇譚―

モノノケ踊りて、絵師が狩る。 ―月下鴨川奇譚― - 水守糸子 | Soccerbanter.org によって書かれた本<をご紹介します。PDF、TXT、FB2、またはその他の可能な形式で本をダウンロードしてください。soccerbanter.org.

情報

著者
水守糸子
寸法
3,64 MB
ファイル名
モノノケ踊りて、絵師が狩る。 ―月下鴨川奇譚―.pdf
ISBN
4633857189106

説明

江戸末期の絵師・月舟が描いた妖怪画には、本物が封じ込められているという。そして現代。月舟の子孫・詩子は、美大に通う学生だが、もうひとつの顔があった。散逸した月舟の妖怪画を探し、憑きものを落とす家業を継いでいたのだ。幼馴染みの青年・七森が持ち込んだ情報によると、月舟の絵を所有する画廊のオーナーが足を火で炙られるような痛みを訴えているらしく?【目次】一 猫又/二 ろくろ首/三 面霊気/四 鬼女/結 無題

出版社 : 集英社. 商品番号 : 4820000007165.

―月下鴨川奇譚―. モノノケ踊りて、絵師が狩る。.

関連書籍