金融の世界史―バブルと戦争と株式市場―

金融の世界史―バブルと戦争と株式市場― - 板谷敏彦 | Soccerbanter.org PDF、TXT、FB2。 ePUB。MOBI。 この本は2021年に書かれました。冊の本を探してください soccerbanter.org.

情報

著者
板谷敏彦
寸法
4,62 MB
ファイル名
金融の世界史―バブルと戦争と株式市場―.pdf
ISBN
9561565729195

説明

シュメール人が発明した文字は貸借記録の必要に迫られたものだった。ルネサンス期に生まれた銀行・保険業と大航海時代は自由な金融市場をもたらし、国家間の戦争は株式・債券の基を創った。そして今日、進化したはずの国際市場では相変らずデフレ・インフレ・バブルが繰り返される……人間の営みとしての「金融」を通史として俯瞰する試み。
関連書籍