側室は金髪だった

側室は金髪だった - 葉月つや子 | Soccerbanter.org ブラウザで本を読んでください。 スマートフォンにPDF、TXT、FB2形式の冊の本をダウンロードしてください。 そしてはるかに soccerbanter.org.

情報

著者
葉月つや子
寸法
5,74 MB
ファイル名
側室は金髪だった.pdf
ISBN
9942943163540

説明

時は戦国時代、異国から奴隷として日の本に売られてきた、金髪碧眼の美女・ツェツィーリエは、天下統一に一番近い男・鷹堂小高守武盛に買われることとなった。ある日城に入り込んだ暗殺者から武盛をとっさに守ったツェツィーリエは、その手柄から「入江の方」という名前と側室の身分を与えられた。逆らうものは女子供であっても容赦なく晒し首に、裏切り者は一族もろとも皆殺しにする残虐性を持つ武盛だが、腹心への信頼、わき目も触れず身体を求める姿、その不思議な魅力にだんだんと惹かれていく入江。しかしそこへ忍び寄る不穏な影が…? 葉月つや子がおくる戦国ラブロマンス!

目の前で忠告をした部下を殴り、使いの者の首を迷いもなく斬首する ... 側室は金髪だった. 時は戦国時代、異国から奴隷として日の本に売られてきた、金髪碧眼の美女・ツェツィーリエは、天下統一に一番近い男・鷹堂小高守武盛に買われることとなった。.

もっと見る . 時は戦国時代、異国から奴隷として日の本に売られてきた、金髪碧眼の美女・ツェツィーリエは、天下統一に一番近い男・鷹堂小高守武盛に買われることとなった。.

関連書籍