そして母は橋から子を投げた

そして母は橋から子を投げた - 汐見朝子 | Soccerbanter.org PDF、TXT、FB2。 ePUB。MOBI。 この本は2021年に書かれました。冊の本を探してください soccerbanter.org.

情報

著者
汐見朝子
寸法
9,58 MB
ファイル名
そして母は橋から子を投げた.pdf
ISBN
7245627147133

説明

駅前でビラを配り「我が子は事故死ではない!」と必死に再捜査を訴える母親。最近、川で溺れて亡くなった娘は「誰かに殺された」と主張する母・スズナを取材することになった新聞記者の水絵は同じシングルマザーという境遇からスズナと親しくなるが…調べていくうちに「スズナは娘をかわいがっていなかった」「カップ麺ばかり食べさせ、一晩中娘を外に放置していた」…など、不審な情報を入手する。そんな中、またしても幼い子供が行方不明になる事件が起き――。秋田で実際に起きた『幼児連続不審死事件』をモデルに、母子家庭の苦悩と、ふと憎らしさを感じてしまう我が子への整理できない感情を巧みに描く傑作サスペンス!
関連書籍