恋、ときどき香りの魔法 にわか令嬢は殿方禁制につき

恋、ときどき香りの魔法 にわか令嬢は殿方禁制につき - ひずき優 | Soccerbanter.org ブラウザで本を読んでください。 スマートフォンにPDF、TXT、FB2形式の冊の本をダウンロードしてください。 そしてはるかに soccerbanter.org.

情報

著者
ひずき優
寸法
8,97 MB
ファイル名
恋、ときどき香りの魔法 にわか令嬢は殿方禁制につき.pdf
ISBN
9091553869052

説明

フレンドル公国に暮らすミリエルは「香料屋」兼「香り使い」の女の子。黒猫の姿をした精霊ミューの力を借りて花の雫の力を高めるミリエルの「香りの術」は体調回復、美容のためにと下町の人々の間で大評判!! そんなある日、突然の連行!? 連れていかれた先は、見目麗しき公太子セヴルスの暮らす白亜のお城で――!? ミリエルにかけられた、とある暗示が恋路(?)を阻む!? ロマンティック・ラブコメディ。
関連書籍