日置流系図

日置流系図 - 国枝史郎 | Soccerbanter.org によって書かれた本<をご紹介します。PDF、TXT、FB2、またはその他の可能な形式で本をダウンロードしてください。soccerbanter.org.

情報

著者
国枝史郎
寸法
10,42 MB
ファイル名
日置流系図.pdf
ISBN
1403458735814

説明

この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

付録には明治期から平成12(2000)年までに没した弓道範士の―覧(約300名の氏名、生没年、流派等)と弓道主要流派(小笠原流、武田流、日置流等)の系図を収録した。. 弓道家のほかに弓師・矢師などの職人も収録 ... また、日置黙仙(ひおき・もくせん)という曹洞宗の僧侶もいた。.

青空文庫. 日置流系図. 無料で読める青空文庫より、著者である国枝史郎の作品『日置流系図』についてご紹介するページです。作品や作家についての情報や、すぐに読み始められるリンクなどをご用意しています。作品について 作品名 : 日置流系図 (へきりゅうけいず) 日置流印西派系譜 五、備中足守藩吉田家弓術文書目録 Ⅱ 解説 一、吉田葛巻系図と弓法吉田流之系図について 吉田葛巻関係系譜 二、的之書について 三、因射法可知次第について 四、即考 弓師三代目・楠見蔵吉氏所蔵の日置流系図によりますと、現在の蔵吉氏の五代前の楠見徳真氏が、寛永年間に生存の東郷左太夫実敬氏と、その子息か近親者と思われる文久年間生存の東郷源四郎実美氏から、弓の製法秘伝を伝授された 弓師 系図 森の弓師 ... 日置流弓印可目録・秘歌之巻・無言歌 段々について 翻刻の部 弓法吉田流之系図 吉田葛巻系図 (読み下し文) 的之書 因射法可知次第 即考射法書 指南要法 (読み下し文) 独楽亭記 (読み下し文) 弓法難問答并弓歌之巻 日置流 崇神と紀の国、日置氏が伝えるホムツワケ伝承 「サイトの歩き方」も参照してください。 「常陸風土記」が珍しい地名伝説を記録しています。時は、正にハツクニシラス崇神大王の頃、四世紀前半でしょうか。筑波の郡に云います(下右の画像)。 その巻物こそ他ならぬ弓道 日置流 ( へきりゅう ) の系図であった。 そして系図には 習慣 ( しきたり ) として流儀の奥義が 記 ( しる ) されてあり、それを与えられた武芸者は流儀の本家家元となれる。 日置流系図 作品名読み: へきりゅうけいず 著者名: 国枝 史郎 [ファイルのダウンロード|いますぐXHTML版で読む] 作品データ 分類: NDC 913 文字遣い種別: 新字新仮名 備考: 作家データ 分類: 著者 作家名: 国枝 史郎 作家名 ... Full text of "日置流系図" See other formats あつら おんちし ゆめ えた 弓 を わざわざ 見に 来た 旗本の 次男 恩 地主 馬 は 声 を はずませ てこう 訊いた。 「ほんと も 本当、 昨夜で 十日、 きまって 参る ので ござ りまして な ようこそ!守谷市電子図書館へ!はじめての方は左下のバナーからご登録ください! 日置流(吉田流)各派系図 吉田氏は宇多源氏(近江源氏)の佐々木氏一族で、佐々木秀義の子吉田厳秀を始祖とする家系である。戦国時代当時、吉田氏は六角氏 の重臣であった。現在の竜王町付近が領地であったとされ、同地の川 ... ナビゲーションをスキップして本文へ 著者.

関連書籍