アイヌの法的地位と国の不正義 遺骨返還問題と〈アメリカインディアン法〉から考える〈アイヌ先住権〉

アイヌの法的地位と国の不正義 遺骨返還問題と〈アメリカインディアン法〉から考える〈アイヌ先住権〉 - 市川守弘 | Soccerbanter.org によって書かれた本<をご紹介します。PDF、TXT、FB2、またはその他の可能な形式で本をダウンロードしてください。soccerbanter.org.

情報

著者
市川守弘
寸法
8,16 MB
ファイル名
アイヌの法的地位と国の不正義 遺骨返還問題と〈アメリカインディアン法〉から考える〈アイヌ先住権〉.pdf
ISBN
1016250772279

説明

〈アイヌコタン〉は江戸時代まで支配領域を持ち、代表者(長)がいて、訴訟手続きなどの法規範を持った《主権団体》であった。ところが明治になって新政府はそうしたコタンの権限を一方的に奪った――。〈アイヌ遺骨返還訴訟〉の弁護人である著者が、近世以降のアイヌと日本国の関係を問い直し、アメリカで19世紀前半に確立した〈インディアン法〉と比較しながら〈アイヌ先住権〉の確立を訴えた、初の法学的アイヌ研究の書。

ポイント 42pt ... アイヌの法的地位と国の不正義 遺骨返還問題と〈アメリカインディアン法〉から考える〈アイヌ先住権〉 この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります (1件) ※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。 アイヌの法的地位と国の不正義 : 遺骨返還問題とアメリカインディアン法から考えるアイヌ先住権 タイトル読み アイヌ ノ ホウテキ チイ ト クニ ノ フセイギ : イコツ ヘンカン モンダイ ト 「アメリカ インディアン ホウ」 カラ カンガエル 「アイヌ センジュウ ケン」 アイヌの法的地位と国の不正義 遺骨返還問題と〈アメリカインディアン法〉から考える〈アイヌ先住権〉. 著者 市川 守弘 (著).

研究目的で持ち去られたアイヌの遺骨。. 返還する先が決まっていない遺骨が、いま北海道の白老町にある民族共生象徴空間=ウポポイに移されています。.

関連書籍