朝の通勤快楽電車

朝の通勤快楽電車 - 八木れんたろー | Soccerbanter.org ブラウザで本を読んでください。 スマートフォンにPDF、TXT、FB2形式の冊の本をダウンロードしてください。 そしてはるかに soccerbanter.org.

情報

著者
八木れんたろー
寸法
9,77 MB
ファイル名
朝の通勤快楽電車.pdf
ISBN
5555058209730

説明

ぎゅうぎゅうづめの満員電車の中、芽衣はスカートの上から何者かの手が触れるのを感じた。そっと背後を見ると、にやにやとした笑みを浮かべる中年男性の姿が視界に入った。 「おい。おっさん。てめぇ、何やってんだよ」 若者が中年男性の腕をつかみあげている。…助かった。ほっとした芽衣が若者を見つめると、昔一緒に遊んだことがある幼なじみの仁だった。毎朝、痴漢の多い時間帯に通学する芽衣に対して、仁から提案が。 「一緒に行かないか?」 それが芽衣にとって、悲劇の始まりだった…。
関連書籍