「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】

「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】 - 池内恵 | Soccerbanter.org によって書かれた本<をご紹介します。PDF、TXT、FB2、またはその他の可能な形式で本をダウンロードしてください。soccerbanter.org.

情報

著者
池内恵
寸法
6,35 MB
ファイル名
「イスラーム国」後の中東で表面化する競合と対立【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】.pdf
ISBN
7842404708078

説明

2014年6月、イラクとシリアで「イスラーム国」が広範囲の領域支配を行って以来、「イスラーム国」対策が中東をめぐる国際政治の焦点となってきた。掃討作戦の結果、2018年までに「イスラーム国」の支配していた地域は、ほぼ解放された。しかし、それによって中東に平和が訪れると予想する専門家は皆無だ。果たして「イスラーム国」後の中東はどうなるのか――。※「文藝春秋オピニオン2018年の論点」掲載記事を再編集して電子書籍化。
関連書籍