イソップに学ぶ人間社会で大切なこと

イソップに学ぶ人間社会で大切なこと - 竹内靖雄 | Soccerbanter.org PDF、TXT、FB2。 ePUB。MOBI。 この本は2021年に書かれました。冊の本を探してください soccerbanter.org.

情報

著者
竹内靖雄
寸法
10,27 MB
ファイル名
イソップに学ぶ人間社会で大切なこと.pdf
ISBN
3580426482771

説明

「ウサギとカメ」「北風と太陽」など、誰もが子供の頃から知っているイソップ寓話集。 紀元前6世紀ころの古代ギリシア、アイソポス(=イソップ)の作とされ、動物やギリシアの神々の愚行をテーマにしながら、実は人間が厳しい競争社会で生きていくための教訓と知恵を教えているのである。 たとえば、夏の間歌っていたセミ(日本ではキリギリス)に対し、アリは「では、冬は踊るといいね」と突き放す……、これが本筋。経済倫理学、経済思想史の大家である著者が、イソップの37話をひもときながら、現代社会で生きていくために本当に大切なことを示唆する。

1匹は、道から離れた深い沼で暮らし、もう1匹は道の水溜りで暮らしていた。. 沼のカエルが水溜りのカエルに、「ぼくのところに引っ越してこないか。.

テレビなど数多くのメディアに出演する一方、. 大学でも教鞭をとる、注目の脳科学者である。.

関連書籍